IMG_5352.JPG.jpg

乳房再建を考える

すべての人へ

SCROLL

札幌乳房再建専門サイト|蘇春堂形成外科

 

ごあいさつ

GREETING

乳房再建は保険診療に収載され、等しくその機会を担保されるべき標準治療になりました。そこで、本サイトでは患者様がご自身で納得のゆく整容結果を得るための判断材料をできるだけ幅広い形でご用意させていただきました。皆様がご自身にふさわしい再建を選択するために、本サイトがお役に立てましたら幸甚でございます。

蘇春堂形成外科

院長 矢島和宜

IMG_5420.JPG.jpg
蘇春堂形成外科.jpg

乳房再建について

INTERVIEW

乳房再建について取材を受けた際の映像です。乳房再建の治療についてだけではなく、蘇春堂形成外科についてや医師としての考え方、そして患者さんに対しての思いなどについてもお話させていただいております。

乳房再建 (1).png
乳房再建 (2).png
乳房再建 (3).png
乳房再建_女性.jpeg

乳房再建とは

BREAST RECONSTRUCTION

乳房は乳腺という機能のほかに、流線型の形状そのものが『女性らしく見せる役割』を果たしており、『かたち』を通じてその人のアイデンティティーのひとつを成していると言っても過言ではありません。乳がんの治療により乳房が切除されると、乳房の形は失われたり、大きく変形することになります。この状態を回復させるため、人工物(シリコン・インプラント)や、自家組織(おなかや背中などの組織)を用い、バランスの良い形態に乳房をつくり直すことを乳房再建と言います。乳房再建は、失われた形やボディーバランスを取り戻し、日常生活における利便性を回復させると同時に、気持ちをリセットし、本来の生き生きとした自分を取り戻すきっかけとして、大きな意味を持つと考えております。

乳房再建_手術風景.jpg

乳房再建の選択肢

CHOICES

乳房再建の施術時期

TIMING

一次再建

乳がんの全摘術と同時に乳房再建術を開始することを言います。

二次再建

全摘手術や追加治療(化学療法、放射線治療など)が終了してからあらためて乳房再建術を開始することを言います。

IMG_4846.JPG.jpg
IMG_4697.JPG.jpg

乳房再建の施術回数

NUMBER OF TIMES

一期再建

1回で治療を行うことを言い、再建時、シリコンインプラントまたは自家組織をそのまま使用します。

二期再建

2回で治療を行うことを言い、最初にエキスパンダーを使用し、その後シリコンインプラントまたは自家組織を使用します。

乳房再建の流れ

FLOW

乳房再建手術は大きく分けて乳房再建・乳頭再建・乳輪再建の3つの工程に分けられます。

乳房再建の費用

FEES

乳房再建の費用は、保険診療と自費診療に分かれます。乳房再建は、自家組織再建・人口再建(インプラント)のいずれも保険診療になり、高額療養費制度の適応となります。乳頭再建も保険診療になりますが、乳輪再建でタトゥを行なった場合は自費診療となります。また、対側の豊胸術、乳房縮小術、乳房固定術も自費の治療となります。

蘇春堂.jpg

治療施設の選択について

FACILITY

乳がん治療および乳房再建を行う際の連携については、主に以下の2通りの流れがあります。同じ施設内に乳腺科および形成外科を併設している場合とそうでない場合です。蘇春堂形成外科では、道内・道外の多数の施設と協力体制をとり、再建手術を行っております。制度上、乳腺外科と形成外科の連携が全国的に整った現在においては、一次一期再建を除き、通院の時間短縮以外には、同一施設内で連携を取る必然性はなく、もちろん健康保険の制度上も何の制約もありません。したがって、乳がん治療および乳房再建をそれぞれどの施設で行うかはあくまでも患者さんの自由な選択に委ねられています。

乳房再建とそれに関わる治療

MEDICAL TREATMENT

乳房再建_手術室.jpg

監修医紹介

DOCTOR